2,480円で作成!手間とコストを削減する電子印鑑作成サービス。
9:00~19:00(月〜金)

iPhoneでビデオ撮影中に電話がかかってきて撮影中断になるのを防止する方法

撮影が勝手に中止されるのをなんとしても防ぐ!

iPhoneでビデオ撮影中に電話がかかってきて撮影が中断され悔しい思いをしたことはないですか?

撮影したいその瞬間はもう戻ってきません・・・
電話をかけてきた人を責める訳にもいかず、残念な思いだけが残ります。

こんな思いをしないためには、撮影中は電話がかかってこないようにすればいいんです!!!
『機内モード』を有効活用しましょう!

機内モードとは、電話回線、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど、飛行機の運転に差し支えのある電波を遮断する機能です。
機内モードをオンにすると、データ通信がストップし、インターネットやメール、電話が使用できなくなります。

機内モードの設定方法

画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターと呼ばれる以下の画面にします。
そして飛行機マークをタップするだけ!

これで撮影中に電話がかかってくることはありません!

機内モードにはしたいけどBluetoothはつなげたい

最近はスマホ撮影の手ブレを劇的に改善するスタビライザーをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
このスタビライザーとスマホはBluetoothでつながっています。
普通に機内モードにするとスマホとスタビライザーの接続が切れて、スタビライザーでスマホの操作(撮影の開始や終了)ができなくなってしまいます。
これでは不便なので、電話はかかってこないけどBluetoothは生かしたい。
これも簡単にできます。

機内モードでBluetoothを生かす設定方法

同じくコントロールセンターの画面にして、Bluetoothのマークをタップしてオンにするだけ!
これで電話はかかってこないけど、Bluetoothは生きているのでスタビライザーやイヤフォンなどの機器との接続は維持されます!

まとめ

簡単なので本番前に1回テストしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)